孤独感が招いた叔母の失踪事件|無職(50代女性)の家出

無職の家出状況(50代・女性)

遠くに独居している、叔母(母の妹)がいなくなったとの連絡を、叔母の家へ時々様子を見に来てくれている知人から受け取りました。叔母は母(私にとっては祖母)、祖母(同・曾祖母)との3人暮らしでしたが、15年前に母を亡くし、9年前には祖母も亡くし独りになりました。叔母は会社を早期退職していたため無職でしたが、独りで暮らすには充分な蓄えがあったため、生活面での心配はあまりしていませんでした。こちらからも時々、電話で様子を伺ったり物を贈る程度でした。どこかぼーっとしたところはあるものの、比較的しっかりした人だっただけに、失踪の連絡は大変ショックでした。若干引きこもりの気があったため、行くあてがないことを考えると尚更です。事件にでも巻き込まれたのではないかと、最悪の想定までしていました。あとは、ただただ、無事を祈ることしかできませんでした。あとでわかった理由ですが、後で専門医に掛かったところ、「独りの時間がじわじわと年月をかけて孤独感を募らせ、発作的に外を徘徊してしまったのだろう」とのことでした。母と叔母の介護から解き放たれた時、急にやることがなくなってしまった喪失感がそうさせたのかもしれません。

捜索願いを出した時の警察の対応や家族の行動

まず唯一の肉親である母が叔母の住む地へ行き、警察へ捜索願を提出しました。数日後、駅前の駐車場で朦朧とうずくまった叔母が発見されたそうです。母は早速病院で検査を受けさせました。結果、精神的な事からという事で専門の病院へ1ヶ月ほど入院することになりました。だんだん普段の叔母に戻ってきた頃を見計らい、叔母の土地建物を売却手続きをした上で(勿論叔母の同意のもと)私たちの住む地へ移住させることになりました。ただ、同居は叔母も息苦しいと思ったので、同じ町内の徒歩数分のマンションです。私も同居することにしました。今は結婚して別居していますが、同じマンションの別階に住んでいます。時々様子を見に行ったり、実家でみんなで集まるなどして、あまり孤独感を膨らませないようにしています。

家出捜索におすすめする大手探偵事務所

家出


家出


家出


原一探偵事務所
原一探偵事務所


その他 探偵社
HAL探偵社
人探し相談シュミレーターがある「HAL探偵社」


もしくは
探偵社FUJIリサーチ
結婚調査も得意な「探偵社FUJIリサーチ」


総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、難しい調査では1日20万円くらいかかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら