成人に家出捜索願いが出されたときは?

家出というと、未成年の子どもが行うようなイメージが強いかもしれませんが、実際には成人された方の家出も少なくありません。成人しているとはいえ、突然大切な家族が失踪してしまうということは、残された家族にとって強い不安が残ります。一刻も早く所在を明らかにしたいということで、警察に相談をし、家出捜索願いを出すということになるパターンも多いでしょう。

ところで、成人された方が家出捜索願いを出された場合、警察はどのような対策を行ってくれるのでしょうか。実は、家出捜索願いを出されたとしても、よほどの理由が無い限りは警察は動いてくれません。よほどの理由というのは、自殺の可能性がある、事件性がある、といった、緊急性の高い場合のことを指します。実は未成年者の家出の場合も同様で、未成年であっても緊急性の高い場合以外はなかなか捜査を進めてはくれないのです。全国では、10万件近い家出捜索願いが出されているという現状です。その中で、緊急性の高い家出は3万件以上。緊急性が感じられない成人の家出は、まず捜索してもらえないと考えても良いと言えるでしょう。

家出をした家族を見つけたい場合、探偵事務所に依頼すると良いと言われています。探偵事務所は人探しのプロなので、早く依頼をすればするほど証拠も残っているため、確実性の高い捜査をしてもらうことができます。特に原一探偵事務所は、捜索の対象人にも配慮をしながら捜査してくれるため、表面上だけでなく家出の原因などといった根深い部分の解決のサポートもしてくれます。

家出捜索におすすめする大手探偵事務所

家出


家出


家出


原一探偵事務所
原一探偵事務所


その他 探偵社
HAL探偵社
人探し相談シュミレーターがある「HAL探偵社」


もしくは
探偵社FUJIリサーチ
結婚調査も得意な「探偵社FUJIリサーチ」


総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、難しい調査では1日20万円くらいかかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら