警察がおこなう家出捜索とは?

家族が家出をしてしまったとき、警察に家出捜索願いを出すことになるかと思います。この家出捜索願いというのは、そもそもどんなものなのでしょうか。

まず、警察が定義する「家出人」というのは、本人の意思によって保護者などの承諾が無いにも関わらず住居地を離れ、所在がわからなくなった人のことを指します。家出捜索願いを出すことができるのは、家出人の保護者、配偶者、親族、家出人を監護している人で、警察署や交番などどこでも手続を行うことができます。

家出捜索願いが出されたら、警察本部ですべての家出人をコンピュータ登録し、全国の警察で情報共有できるようになります。中でも自殺の可能性や事件に巻き込まれている可能性があるような、緊急を要する場合は、別で手配もされることになります。警察は、これらの情報を元に普段の巡回や警ら、補導、取り締まりなどの中で、発見に努めていくということになっています。つまり、家出捜索願いを出したとしても、警察は積極的に探してくれることは無く、たまたま交通取り締まりや補導などで警察の目に留まった場合に、発見されることがある…という程度なのです。

一方で原一探偵事務所をはじめとした探偵事務所に依頼をすると、対象者の発見に全力を注ぎ、手がかりを元に聞き込みや調査、追尾などを行って発見へとつなげてくれるのです。家出人の捜索をするのであれば、探偵事務所に依頼をしたほうが、発見の確率が上がるということがわかりますね。

家出捜索におすすめする大手探偵事務所

家出


家出


家出


原一探偵事務所
原一探偵事務所


その他 探偵社
HAL探偵社
人探し相談シュミレーターがある「HAL探偵社」


もしくは
探偵社FUJIリサーチ
結婚調査も得意な「探偵社FUJIリサーチ」


総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜について、難しい調査では1日20万円くらいかかる場合もあります。
その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


↓↓多少高くても、実績・調査力はダントツなので、原一は必ず候補に入れましょう。↓↓

原一探偵事務所の詳細はこちら